株式会社 メイコウ


作業実績

 弊社で行いましたフィールドバランスのほんの一部をご紹介させて頂きます。

FLASH版はこちらからどうぞ   


設備名:タイヤ試験装置


設備名:エアクッション艇



国内 某タイヤメーカー 様


海上自衛隊様 所属艦艇
シングルドラムタイプのタイヤ試験装置
です。 



変り種にも画像を掲載させて頂いて
いるものです。後部に2基ある推進
用プロペラのバランス調整を担当さ
せて頂いております        

設備名:分級セパレーター
設備名:風力発電用風車
設備名:CRT製造ライン


栗本鐵工 様
前川製作所 様
松下電器産業 様
最高速6000rpmで回転し、セラミ
ックなどのミクロンオーダーの超微粒
子を作るための装置です。共振点
を5箇所ほど越えて行きますのでバ
ランス調整には時間が掛かります。

写真に掲載させて頂いているのは試
作機です。

1ライン24のテーブルがあり、其々が
回転します。 画像は中国北京工
場で作業した時の物です。アメリカ
オハイオ州でも作業致しました。
設備名:粉砕機
設備名:斜形ポンプ
設備名:水門開閉装置


近畿工業 様
クボタ 様
阪神動力 様
ゴミ処理場で使用されている、粉砕
機です。 粉砕用のローターは約
8000Kg、回転数は360rpmです。

下水処理用のポンプです。
東京の荒川に設置されている水門
の開閉装置です。減速機内部の
歯車のバランス修正を行いました。
         
設備名:静電気発生装置
設備名:アクアレーター
設備名:水素重加速ポンプ


小島電機 様
東海テクノ 様
日本原子力研究所 様
沖縄の火力発電所で粉塵除去用
の静電気を発生させる為の装置で
す。数十万ボルトの電圧が掛かる
為バランス作業は最新の注意が必
要となります。

下水処理場などで酸素の気泡を
発生させる為の装置です。大気中
でのバランス作業と水中での振動
分析を行いました。

真空中でチタンのプロペラを30000r
pmで回転させ3重水素を作る装置
です。 作られた重水素はプラズマ
核融合の燃料となります。 真空中
でのバランス修正は弊社でも初めて
の経験でした。
設備名:製紙ロール
設備名:アルミスカルパー
設備名:軸流ポンプ


大王製紙 様
新日本工機 様
石垣 様
製紙用のロールのバランス修正で
す。弊社では比較的リピートの多い
修正作業の1つです。

回転テーブルが約3mほどある超
巨大フライス盤? 回転数は600r
pmとさほど早くないのですが、共
振点の関係でバランスの許容はか
なり厳しくしないと振動が発生する
装置です。           

下水処理用のポンプです。モーター
までの中間軸が7m近くあり、修正
方法を間違えると振動が収まらない
タイプの装置です。